肌荒れを食べ物で治して若返る!黒にんにくの美容効果で美肌を取り戻す!

2017/10/13

ストレスがたまったり、疲れるとすぐに肌荒れが気になりませんか?

高級な美容液で一時的に改善しても、すぐに効果がなくなります。

冬だけでなく、夏でも季節関係なく肌荒れはおこるもの

美容液や基礎化粧品でスキンケアすることも、もちろん効果があると思いますが、根本から改善することで肌荒れを治すことができます。

美容効果のある食べ物が黒にんにく、今回はこちらについて記事にしてみました。

 

肌の老化を防ぐ

黒にんにく 美肌効果

 

アンチエイジングとは、「抗老化」「抗加齢」というように老化防止を意味します。

黒にんにくは、老化防止や美容効果として美肌効果も注目されています。

肌荒れには肌の老化現象も関係しており、大きく影響を与えているのは活性酸素!

高級な美容液などで肌の表面だけをケアしても、活性酸素が体内で大量発生していると肌荒れの原因を根本から防ぐことはできません。

 

活性酸素とはなに?

活性酸素とは老化の原因となるもので、大量発生しなければ逆に活性酸素は必要なもの

細菌などから守ってくれる役割があります。

ただ、ストレスや紫外線、喫煙や過度な飲酒が原因によって活性酸素が増えすぎてしまうと、シワやシミ、吹き出物、乾燥肌など肌トラブルが起きてしまうようになります。

とてもやっかいですね。

 

活性酸素と老化の原因

例えば、あの芸能人は50歳過ぎているのに、なんであんなに若々しいのだろうかと思ったことないですか?

同じ年齢の人でも年齢が違って見える原因として「活性酸素」があります。

活性酸素を減らすことで、老化現象のスピードを遅らせることができます。

老化とは体が酸化していくことと同義なんです。

 

活性酸素を減らすためには

活性酸素を減らすためには、抗酸化作用のある成分を食べることが最も有効です。

癌(がん)予防に効く黒にんにくとは?

少し紹介させていただきましたが、熟成黒にんにくのように熟成されたにんにく(黒にんにく)は抗酸化力が何倍も高まります。

黒にんにくに含まれる抗酸化作用のある成分は「S-アリルシステイン」や「ポリフェノール」これが豊富に含まれています。

なお、「S-アリルシステイン」は黒にんにくにしかない成分なんです!

そのため、黒にんにくこそ、活性酸素を減らすための食べ物であり「肌の老化」「肌荒れを防ぐ効果」があります

 

血液サラサラにする

黒にんにく 血液サラサラ効果

 

黒にんにくには、血行促進作用があります。

にんにくに含まれるアリシンという成分が、黒にんにくの製造過程でアホエンという成分に変化します。

アホエンという成分が、血液サラサラにする効果を発揮

血液をサラサラにすることで、血行を促進して新陳代謝がすすみます。

新陳代謝が進むと老廃物が流れ出して、新しい肌が再生されシミや肌トラブルの原因である乾燥肌が改善されるようになります。

また、血液がサラサラだと、血行促進によって冷え性やむくみ改善にも効果もあるんですね。

良いことばかり!

 

血液サラサラに美肌効果

新陳代謝による美肌効果はもちろん、肌の色も変化してきます。

肌の色は血液の色なんです!

皮膚には毛細血管が張り巡らされており、その中の血液の色が肌の色になってます。

 

美白化粧水なんて美白をうたうものは色々出ていますが、根本的に肌を白くしたいのであれば、血液の循環をよくしてドロドロ血液をサラサラに変えていかないといけません。

新陳代謝がすすむと老廃物が出ていき、赤い色になり、逆にドロドロ血液の時は黒い色の血液になっています。

肌がくすんだ状態です。

また、目の下のクマの改善やハリツヤの回復効果につながってきます。

 

まとめ

活性酸素が増える原因が、ストレスや紫外線、喫煙や過度な飲酒ということで、ドキっとしたかたも多いのではないでしょうか?

私もタバコは2年以上前にやめましたが、ストレスや飲酒はなかなか減らせません。

 

原因となるものをすべて無くすことが一番ですが、世の中で生きていくうえでは無理なこと。

だから、黒にんにくで少しでも肌トラブルを改善させれば、ストレスも減り結果良い方向へ進むと考えます。

黒にんにくは他にも、効果効能がたくさんありますからね。

-黒にんにくの効果効能(美容面)
-, , , , , , ,