自律神経失調症の症状と取るべき食事|黒にんにくが症状緩和に最強な理由

2017/10/13

この症状であれば自律神経失調症です、という特定の一つの症状が決まっているわけではありません。

自律神経失調症は、たくさんの症状が現れるので、なかなか個人で病気を特定するのは困難です。

黒にんにくはうつ病に効果があることは以前ご紹介しました。
黒にんにくのトリプトファンがセロトニンの原材料となって「幸せホルモン」を分泌するんでしたね。

> 黒にんにくがうつ病改善に良い

 

同じように自律神経失調症にも黒にんにくが効果があることが分かっています。

また、黒にんにくが自律神経失調症に効果があるとの口コミが多くあります。

さっそく、自律神経失調症の症状から紹介します。

自律神経失調症の症状

黒にんにく 自律神経失調症 効果

仕事などで忙しいさなか、突然自律神経失調症が発症してしまっているということが多くあります。

主にストレスが原因となり、身体のあらゆるところに不調がでてくる

 

なお、誰でも自律神経失調症に当てはまってしまうのではないかと思ってしまうくらい、実は自律神経失調症の症状は山ほどあるんです。

自律神経失調症の特徴としては、複数の症状が重なって現れること。

次々に症状が変化していくことも特徴としてあり、同じ症状が一つだけが継続するわけではないためやっかいな病気です。

 

とても辛いですよね・・・。

主な症状としては、肉体的な症状と精神面に現れる症状

 

肉体的な症状

全身にさまざまな症状が現れます。

慢性的な疲れ、微熱、倦怠感、めまい、ほてり、動悸、力が入らない、不眠、大量の発汗、冷や汗、頻尿、震え、寝付けない、頭痛、脱毛、耳鳴り、閉塞感、食欲低下、過食、便秘、下痢、吐き気、手足しびれ…etc

 

主な症状を挙げましたが、全身に症状が現れます。

なぜ全身に現れるかというと、自律神経はまさに全身をコントロールしているので、その神経に支障が出てしまうと全身に症状が出てしまうようになるのです。

慢性的な疲労、耳鳴り、不眠あたりの症状が出てきたら自律神経失調症の兆候と考えて良いです。

ただ、上記を病院に行ってお医者さんに訴えかけても、どこも身体に異常が出ていないことが多いため、様子見とされることが多いので難しい病気なんです。

 

精神的な症状

症状としては、うつ病にも似ています。

ただ、発症の原因は、自律神経失調症は「自律神経の乱れ」

うつ病は「脳内神経伝達物質の分泌異常」とまったく異なります。

怒りっぽくなる、情緒不安定、イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、テンションがおかしいときがある、無気力、人間不信、ゆううつ、焦燥感、自己嫌悪、集中力の低下

 

状態が良い日と悪い日があるので、肉体的な症状と同じく病院で症状を訴えても異常だと判断が難しいことが多くあります。

だから、自律神経失調症の症状を改善することはなかなか難しいと考えられています。

 

黒にんにくが自律神経失調症に効果

黒にんにく 効果効能

黒にんにくの有効成分は、自律神経に働きかけバランスを整える効果があります。

どの有効成分が、自律神経の働きを正常に戻す効果があるのか見ていきたいと思います。

 

にんにくに含まれるアリシン

にんにくに含まれる代表的な成分「アリシン」

このアリシンは、当サイトでも何度も出てきていますが、ビタミンB1と結合してアリチアミンと呼ばれる成分へと変化します。

アリチアミンによって、「神経機能が低下した状態のものを正常な働きへ戻す効能」があると考えられています。

ビタミンB1やアリチアミンが、神経の正常な働きのためのエネルギー生産にとても重要です。

 

黒にんにく有効成分スコルジニンが効果

黒にんにくに含まれるスコルジニンという有効成分は、自律神経失調症などの神経系の病気に効果があるといわれています。

アリシンと同様の効果が期待できます。

また、黒にんにくは血行を促進する効果があるので、血流を良くして身体の凝りや倦怠感などを緩和する効果もあります。

毛細血管の血流が良くなると、各体の器官に酸素が正常に送り込まれるようになります。
血行が良くなると頭痛も改善されますしね。

何よりも実体験として、黒にんにくを食べると体がポカポカあたたかくなります。

これは血行が良くなっている証拠です。

黒にんにくで自律神経を正常な状態に戻し、自律神経の異常によりさまざまな症状が出ていたものも改善へと向かわせます。

 

黒にんにく卵黄サプリも自律神経失調症に効果あり

黒にんにく卵黄サプリの卵黄コリンが、アセチルコリンという成分の生成をします。

アセチルコリンは、神経伝達の際に関わってくる成分です。

自律神経失調症の場合、副交感神経が委縮してしまっていることがあり、それが症状の原因となっていることがあります。

また、ストレスが掛かることによりアセチルコリンが消費されていきます。

 

アセチルコリンが不足すると自立神経のバランスが崩れ神経の伝達が悪化

卵黄コリンによりアセチルコリンが生成され、自律神経の働きが活発になり正常な状態に戻す効果があります。

黒にんにくの効果もあって、卵黄コリンのある黒にんにく卵黄サプリが最強かもしれないです。

 

熟成にんにく卵黄サプリはこちらの記事でおすすめしています。

参考:【黒にんにくサプリ】やわたの熟成にんにく卵黄【口コミ&人気の秘密】

 

まとめ

自律神経失調症とうつ病を併発してしまうケースは少なくないです。

やっかいなことに、発生原因は違えど症状は同じようなものなので併発していることに気づかないことも多いのです。

黒にんにくは自律神経失調症もうつ病にも効果があることがわかっているので、うってつけの食べ物であることが分かっていただけたかと思います!

両方の症状が緩和したという口コミが多いのも心強いですね。

自律神経は自分ではコントロールできない神経なので、なんか最近おかしいなと感じたら早めの対処をすることをおすすめします。

 

黒にんにくは完全無添加です。

副作用も全くない最強の食べ物で我々日々忙しい人たちの味方になってくれますよ。

-黒にんにくの効果効能(精神面)
-, , , ,